害獣駆除で使われる罠

害獣駆除で使われる罠

害獣駆除で使われる罠 害獣は知らず知らずに我々の家に入り込んできては、様々な悪さを働きます。退治しないと家の中で増えてしまうことだってあり得るから注意が必要です。退治の仕方がわからないと言う人も多いですが、現在では害獣駆除のために様々な罠が考案されています。
最もポピュラーなタイプが、粘着シートの形です。粘着シートタイプなら、その上を害獣が通るだけでとらえることができます。コツは、一度にたくさんの罠を仕掛けることです。駆除の専門家の仕事を見ているとよくわかりますが、驚くほどたくさんの数を仕掛けます。害獣には用心深いタイプや学習能力の高いものが多く、最初に一気に退場してしまうことが肝要です。通り道や住処になっていそうな近くはもちろん、隙間なくびっしりと仕掛けることで逃げ場をなくします。一度仕掛けたものにはかかりにくくなるような賢い相手には、特に有効です。害獣駆除は初期対応がいかに重要かを知るだけでも、ずいぶんと違います。

薬剤を使用して行う害獣駆除の特徴とポイント

薬剤を使用して行う害獣駆除の特徴とポイント 新生活や季節の変わり目に獣が出て悩まされている、そういう人は少なくないのではないでしょうか。畑を荒らしたり家畜にも影響を与える獣は、市販の薬剤を使って駆除することが可能です。害獣駆除に使用するものは一般的に忌避剤といい、害獣が逃げたり近寄らなくするのが特徴です。その為、獣の姿を見るのが苦手であっても、害獣駆除を行うことができます。薬剤は主に害獣が嫌う臭い成分を含み、この成分が風に乗って臭いを拡散します。その結果、モグラやネズミにコウモリなど、一般的に害獣と呼ばれる獣がその場を離れます。ペットへの影響には注意が必要ですが、生活圏内の獣に悩まされている場合は、忌避を誘発する害獣駆除剤の使用が有力な駆除方法となります。より確実性を求めるならプロに依頼するのが手ですが、身の回りから遠ざけたいのであれば、自分で害獣駆除に挑戦できます。市販品は数千円で買えますし、地面に撒いたり置くだけで使えるので、困っている時の助けになるのではないでしょうか。