忌避剤や侵入防止施工

忌避剤や侵入防止施工

忌避剤や侵入防止施工 イタチなどの害獣駆除を行う場合には色々手法を用いて、被害を少なくする事に繋げていきます。しかしイタチやハクビシンなどの害獣は、法律の関係で殺処分したり捕獲したりといった駆除の方法が行えないというのが特徴です。
そのため害獣駆除を行う手法としては、忌避剤といってイタチなどが嫌うニオイの薬剤や、煙などが発生する物の設置によって追い出しを行うとともに、侵入を防ぐという方法が主に取り入れられています。そして侵入防止施工という方法もあり、住宅内の害獣を全部追い出してから侵入経路を塞ぐという方法です。
侵入経路を防いでも侵入してくる場合や、建物の構造的に阻止の施工ができないというケースもあります。そのような場合では捕獲する方法となりますが、法律で定められているため、自治体への許可を申請する必要があります。費用面や期間がかかるという他にも、捕獲した後も処分場への運搬が大変です。衛生面の問題もありますし、場合により感染症などにも細心の注意が必要となります。

害獣駆除を行う際には法律に注意

害獣駆除を行う際には法律に注意 いたちやアライグマなどの害獣が家に住み着いてしまうと、食べ物を荒らされたり家の中で糞尿を撒き散らしたり、屋内や天井裏中を走り回る音に悩まされたりといった直接的な被害から、害獣やその糞尿を媒体とした病原菌や殺菌などによる健康被害、建物への被害など様々な被害が発生するので早めに害獣駆除をする必要があります。
害獣駆除を行う際に注意したいのは、日本国内において野生動物が鳥獣保護法と言う法律で保護されているため、自治体や国などの許可なく捕獲したり怪我を負わせたり殺してしまったりすると罰せられる可能性があるという点です。このため、法律の範囲内で外害獣を傷つけることなく追い出すことが必要になってきますが、そのためには専門的な知識や専用の器具などが必要になってくる場合も多いので、自分でどうにかしようとしても難しい場合が多いです。害獣駆除を専門的に行っている会社に依頼することで、鳥獣保護法の範囲内で有効な手段で問題を解決してくれます。