エサが多い環境での駆除

エサが多い環境での駆除

エサが多い環境での駆除 エサが多い環境での害獣駆除はかなりハードルが上がりますが、家の中であれば徹底的に食べ物を片付けることです。害獣の種類により好む食べ物には違いがありますが、対象となる害獣の好みを把握して、好きな食べ物は徹底して管理します。残った食べものは冷蔵庫へ入れたり、鍋には思い蓋をすることです。食べカスなども残すことなく、掃除をして痕跡を残さないようにします。食べ物を求めての行動は良い者が無いため、ごみを荒らすこともあるので、ネットを掛けるなどできる対策は全て行うことです。その上で害獣駆除を行いますが、手ごわい時にはプロの業者への依頼をすることも検討をします。害獣の種類にもよりますが、夜行性であれば光を嫌うので、明るいライトやイルミネーションを使うのもひとつです。光を反射させる、CDやアルミホイルも使うことができます。嫌うニオイを利用するなら、漂白剤やお酢にクレゾール石けん液、木酢液や市販の忌避剤なども効果的です。

害獣駆除はプロに依頼を

害獣駆除はプロに依頼を ネズミやイノシシやアライグマ、そしてハクビシンやイタチやマムシやゴキブリ、私たちの身の回りには色々な害獣が潜んでいます。害獣駆除は暮らしを守る上で必要な作業であり、ホームセンターに行けば専用のグッズが手に入ります。罠を設置したり、撃退用の薬剤などを散布すれば害獣駆除が進められますが、素人が出来る対策には限界があるのも事実です。

自宅周辺に多くの害獣が生息している場合、個人での害獣駆除は後手後手にまわります。巣穴ごと撲滅しなければ、根本的な暮らしのリスクマネジメントになりません。専門業者に相談して害獣駆除を、依頼するのがベストです。専門業者に相談すれば、害獣の退治から死骸の後片付け、その回収や再発防止策の提案など、トータルでリスクマネジメントが進められます。退治しても再発防止策を講じなければ、すぐにしぶとい野生動物は出没します。死骸の後片付けなども、なかなかグロテスクな物なのでプロに代行してもらった方が精神的に安心です。